Home » POST » 例えば ゲリー・ボーネル氏、、、

例えば ゲリー・ボーネル氏、、、

ゲリーは
私が 上京して1週間ほど詰めて、
アカシックリーディングを学んだ師でもあります。
個人セッションも受けました。ゆかいなオジチャンでした。
(アカシックについては 私はけっきょく、ゲリーの提唱する技術ではないところのルートで、繋がっている気がします。もちろん、大きな助けやopenのサポートになり、感謝しています。ここは余談でしたが)

さて本題。
いや、
けっこう アッサリ短いことを書きたかっただけなのですが

ゲリーが言う
「人類の集合意識は葛藤を解放していません」
つまり
「人類の多くが 人間存在の本質である魂としての自己を思い出し、大いなる叡智から人間存在やこの世界を見ることを選択せずに、これまでの二元的で対立的な信念や価値観と、そこから生まれるさまざまな否定的な感情にとらわれたままで生きています。」
(「重大な未来」ゲリー・ボーネル著 より)

これは
私の感覚でも、とても感じるところです。

個人セッションでも、
二元的な信念などに頭がさいなまれている部分も多い・・・
しかし!(ここが重要)
意識的に、気付きが起こり始めていたり、
潜在的には「そうではないのでないか、いや、そうではない。私は視点を改めたり広げたりする可能性を思い出した」
そういったように形容できるモノを秘めた・・・・
方々がお越しになってくださるのが多い傾向にあるのが、あどの森だなぁ
と感じます。
いや、意識的にも上がってきている・・・
という方々も多いです。

私は
広い観点

瞑想クラスでもお伝え申し上げますが、
たとえば
360℃の視点観点で
自身という存在を
物理的にも非物理的にも感じてみる
俯瞰できたりする感覚、
そいういったことも お伝えしていきたいことの大部分であります。。。

ここも
開業当初から、(14年ほどまえ)
いや
その前から
変わらぬ部分で ありますね、、、、、。

あなたを

あなたという存在を、

あなたを中心として
例えば半径1メートルほど離れたところから
客観的に
もう1人のあなたが
観察する、眺める感覚。。。。

下も。お尻の下からあなたをあなたが見上げる感覚とでも言うか

観察眼を持って
観る・感じてみると

その拡がりは
世界のひろがり 感覚の拡がり 自由度

あなたにしか体験できない
あなたの世界を 感じることができますよね、

そして
それにより、物理肉体をともなった
一番大切な リアル体験。
日常。
そこに なにが起こってくるのか・・・

起こしていけるのか・・・

楽しみでも あります。。。