Home » POST » 怖い😭 けれど飛び込む🔥

怖い😭 けれど飛び込む🔥

http://adonomori.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/3743/2017/09/header20170909073440_955670737.jpg
来週、

運命の日を

迎える。

何年越しの、 この日であるのか。

VTアルケミー、
認定カウンセラー 受験 だ。

20代で、精神科医に学び
開業を果たしている私は
10年を超える、マイウェイ。
我が道を歩いてきた。

※人様に、自分のカウンセリングセッションをみて頂く
ということが、
とても恐ろしいコト、、、😭、、、に発展している。。

例えば、
見ていただいたりその様に ジャッジの機会など無く
キャリアを重ねていくのも もちろん有りだ。

しかし、
ある種それは 危険と隣合わせとも なる。細かくは省く。

様々な学びを重ねながら成長してきた私のセッションは
オリジナル色の強いものに 育っている、 と思っている。

その良さも あるだろう、

しかし
対人援助な世界に限らず、
それはともすれば残念な道をひた走ることに・・・ なってやしないか?
なっているケースもあるだろう。

そしてその道には
いつだって自問や
軌道修正が 必要だろう。

それが、 適切に出来る人は よい。

私は、つど立ち止まりやってきたつもりであった。
そう
「つもり」。

アタマはそもそも何にもわかっちゃいないし、
自分のことを自分では
クリアには 観れない、と言ってもいいだろう。

人様に
自分のセッションを見て頂くのは

怖い。

私には、怖いことなのだ。
泣きたいほどに。
しかも、ジャッジメントの席である。

このまま ずう〜〜〜〜っと★
独りでひた走ることも出来た。

‘受験’.も、
箱に入れて、頑丈に蓋をし
布テープでグルングルン巻いて、
押入れに、、、まではやれずだが
見えない辺りに置いておいた。

しかしもう

どうにも・・・

そこを通るしかないのである。😭😭😭

グレートティーチャーである橋本和泉さんが
私の 歌の表現まで すくい上げてくれてしまい(笑)
私は それを自分の人生に取り戻すという
大き過ぎる分岐点を通過した。。。

そしたらもうね、、

次はもう

そこ、開けちゃうしかないのだ、、、😭😭 その箱を。。

涙と、鼻水と垂れ流しながらさ、、、😭😭

と

こんな風だから、

ジャッジメントのステージなのだけれど、
私自身にとっては、
その可否、合否

以上に

もう「受験すること」
そのものが

清水の舞台から、、、、 といったような
ビッグ ビッグ ビッグ!
アクションとなる・・・

もちろん大切だけれど この際、結果はおいておこう。そうっと。

そしてこの試験は(和泉さんのジャッジメントは)
厳しい、
と言われている。
1回目で合格となった方は何名くらいいらっしゃるだろう。
うん、 そこはヨイのだ。今の私にとり。
精一杯、セッションしてくるのみだ。

まずは、数年越しの想いで受験を申し込んだ自分を賞賛し(笑・賞賛はやり過ぎか?)

あとは、
どー〜〜んと
飛び込んでみよう。

ボイジャータロット6番の魂のカード「信頼」 だ。

掴んでいてくれる存在も
地上で抱いてくれる存在も ある。

現在、
受験資格に相当する課題としてのレポートを作成中だけど

やっつけ仕事にしたくないぞ なんて思ってたけれど
やり始めると
夢中になる。。
楽しいとすら言える。。

思い起こす、クライエントとの時間。。

レポートに興す前に下書きもしているけれど
すべてが勉強になる。

もっとうまく導くこともできたケース、
今更、カードの解釈の扉が他にも開いちゃうケース、
飲まれてしまった部分の多かった反省のケース、、
模範のようにすすんだケース、、、
様々だ。

20時間分のセッションの記録であるが、

受験資格を得てから何年も過ごしている故、
むしろ
どのセッションをレポート化するのか、
でもある。

下書きを元に
自分としては 反省点のあるケースを回想し、
脳内でも修正していく(レポートはそのままだが)のが
有効だ。

夢中でこの作業に取り組める
そのこと自体の豊かさ、ありがたさ、恩恵を感じずにはいられない。

ありがとう。世界よ。すべてよ。師匠よ。家族よ。仲間よ。あどの森に御来訪下さる皆々様よ✨✨✨

まず、
そこに
泣きながらも歩を進められた私は
そのぶん、
拡大するだろう。

自分が どこに行くのか、 どこまで行くのかは

自分で

決められるのだ。