Home » POST » また 崩壊

また 崩壊

http://adonomori.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/3743/2017/05/header20170502131327_236285068.jpghttp://adonomori.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/3743/2017/05/header20170502140834_900982433.jpghttp://adonomori.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/3743/2017/05/header20170502140834_519505488.jpg
またもや

信念体系の崩壊を体験した。
させていただいた。

しかし全部では無いだろうね。
Voyagerタロットのタワーカードのように
ぐわっしゃぁ〜〜ん💨💨💨!!!!
イケたらいいんやけど、、
けど、今回は相当イった。
(と’思っている’ことに気付いています。)

わたしは
そこまでッ!!
そこまでアタマがカタイというか
アタマ優位 いや、占める割合がほぼほぼアタマ
やったんやな、
ガッカリ。
(身体や’ホントウ’の声を拾えてない部分もあった)

セッションにお越しくださる皆様にはよくお話ししている
かの橋本和泉さんのプログラム、
メタフローラ・プレゼンスだ。

そう、
もう卒業はしてます(笑)

しかし終わった気はしていなかった。

だってそらそうだ、
全然 と言っても過言じゃないほど
出しきれてなかったんだもの。
自覚も滅茶滅茶あった。
(と思っていることに気付いている。’言葉’はとても大切、大きな力を持つので、常に気づいている視点に書いていく。)

人様のフリ見て、我が身を正していた。
自分は痛みたくない?
恥ずかしい思いをしたくない?
わかってる、出来てる
などと思われたい?

なにしろ、
わかりやすく言えば、
(少し角度は違うが)
プライドが、そびえ立つタワー🗼だったのだ。
あぁ、ダサい。😂⤵︎ (もう過去です。)

4/29
そのメタフローラプレゼンスのスーパービジョン(フォローアップのような)が行われた。
(フェイスブックにも有りますが)

そこで私は
麻痺していた中で、やっと上がって 湧いてきた感情が、怒りであった
ようなシェアをした。
そこは通り過ぎていた(.と思っていた)が、最近また
顕著なのが’怒り’であります、と。

では何に怒っているのか?
ーー例えばだけれど 核保有国などのコミュニケーションが難しいと言われているしどうしゃさん(一応ボカしときます)を、挙げた。
なぜ?
人々を死の脅威にさらすから、、、(?)
そんなふうに掘っていきながら
ーー私は死にたくないんだ、生きたいんだ
生きるんだ

に、そこでは辿り着く。
そんな想いを 歌っていいと 歌いな、と
仰ってくれる。

奇しくもその日取れていた会場は
音楽室。

私の中で、人生ベスト1(現在)となった伝説のタマウタ(ワークショップ)が行われた部屋(音楽室1)の隣だ。

なぜか
叫べない、
大声出せない、
〜〜からの、歌への誘導だったが。

泣いて 泣いて 歌にならない。

AIちゃんのstory 歌ってるが歌にならない。
書いてる今も涙が流れる。

ずっと ずっと 諦めないで

あなたの笑う顔が見たいと思うから

説明する言葉も 無理して笑うこともしなくていいから

これらの歌詞を
つい(?) その場に居てくれる愛するメンバーに向けて歌う
涙が溢れる

溢れる

歌にならない、、、。

なぜか 出しきれない感を抱きながら、、、。

私は
それらの歌詞を
メッセージを

→ 自分自身に伝えていたんだ。
一生懸命に。

(あなたはわたし)

エラソーに、
「今だ、 いまだ、 今やるんだ。一緒にやるから なんでも手伝うから 今、踏ん張ろう」(そんな感じ〜細かくは記憶なし)
そんな言葉を、つまりながら しゃくりつつ

しかし
※それはぜんぶ 自分自身に言っていた。

今しかない。
今なんだ。

メタでも
何を怖いか、出しきれない私自身に
「今なんだよ」

と。

その場を創り、導き、ホールドし、
必然に、すべてを信頼し、ゆだね
まとめあげていく和泉さんのチカラ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そこから、、、、
当日、帰路、翌日と、、、

また、
いや今度はかぁなぁり!

信念体系は崩壊することとなる。

私は何がしたいんだろう

生きたいのか

メタの学びを落とし込めていない(部分もあった、と思っていた)
ことを
正面から観ることになり、またその覚悟をし

そんなことが 怖いのか? どうなのか?

いい。

考えなくていい。

であれば
自分に

私に

気づいていく、
知っていくだけだ。

再構築。何度でも。

つど、バージョンあげながら。
螺旋のぼりながら。

ひろみ、
今なんだよ。
いま、踏ん張るんだ。

歌いたかったら歌うんだ。

生きる?
生きたい?

生きたかったら
生きるんだ。

41歳 5/2のわたしへ。