Home » POST » 今の私のすべて です。

今の私のすべて です。

たまうた
(魂に繋がる歌の唄い方)
というワークショップを受けてきた。

これは、
いや歌は私の人生だ。実を言うと。そう 隠してきたのだ。
しかし
今の私のすべてを今日の私の想いを
ここに 綴ることにした。

~~~~~~~~~~~~
私は歌いたかったんです。
歌うことが好きなんです。

歌のメッセージを
自分のメッセージを 心からのせて
歌うことが・・・ 好きなのです・・・・ 涙

みんなに
言いたいのです。

「あなたという存在は無二なのだ。素晴らしいのだ。」と。
それを知って欲しい。
やりたいことが出来るし、したい生き方が出来る。
ほんとに 出来るの!  と。

そう。これは
先日師匠にもメッセージもらった。
「まずは自分から。」

うん。 よく言われることだけれど
これが 身体ごと わかった。  あ、そうや!そらそうや
そうや!そういうことや、
そっからや!
と。

じゃぁ  うたわなきゃ。
明日、死んだらどうする。うたうのだ。
歌いたいなら 歌うのだ。 シンプルだ。

魂に響くような
そんな歌うたいになりたいし なるのだ
私はそうなのだ

そんな感覚が、昔から あった。
魂に響くような歌が歌えるまでは歌ってはならない。決して歌うまい。
そしてそれは一生こないかもしれない。

なぜか
これは解明できていないけど なぜか
そう感じていた。

それに追い討ちを掛けるように
元来 声が大きい私は 頭が悪い、品が無い、我が家の恥、表に出すな、料理も出来ない 高卒で一族の恥
・・・などと言われてきた(前の結婚にて)私は
もう自分が人の前で歌うことなど 無い

そう認識していた。
どこかに、
開けてはならない 大切な宝箱を 仕舞い込むように。
いつもその箱は胸のなかにあったけれど
触ることなど出来ないし 
触れてはならない。深みもない、伝わらない うるさい歌しか歌えないような私は
決して 触れてはならない。

橋本和泉さん主宰のメタフローラに参加しても
この箱は触れないし その気はないし、数年あとのことだろう、  メタに参加しても。
 歌については そう認識していた。

けれどメタのエネルギーというか作用というものはものすごいもので。

御縁のあった松本隆博さんの復興ライブに出向く機会が突然!訪れた。
これは大きな大きな大きな アクションだった。夜出るなんて。こども預けて。しかもライブ!!!
・・・そしてそれは
とても感動するパフォーマンスで。。涙が止まらなかった。
それはそれは
素晴らしい、
魂のこもったステージ、
そしてパフォーマンスで、。

私もこういう活動がしたいと思った。
歌も講演も。

なぜか、隆博さんに 私は歌うことが好きなんであると話していた。 彼も何か感じたか
「じぶん、歌手なりや!!」と強い声で言ってくれた。
それはなにか 大きかった。 歌手になれと? だれ? 私に?
「歌手」という言語が耳から入ったことも大きかった。
もう、避けては通れないな・・・・  瞬時に 悲しいかな悟った。 もう、歌を無視出来ないと。

夫が
人前で歌を(しかもステージでなんて)歌う人は嫌いだ。
 だんなさん、私はあなたのことが大好き。

けれど
もし、来月にでも この世が終わっちゃうならば
小さくみて 私が死んでしまうならば
私は 歌いたい。

あなたが 本当には喜んでくれるように
 自分に 人に 響くように
セッションの活動と同じ意味。 ツールがカウンセリングなのか歌うことなのか
それが異なるだけ。同じことなの。
二つのツールを使えばいいの。いろんなツール使って、伝えたらいいんだ。
それにより、
もっともっと
私のメッセージを必要とする人がいるのならば
みつけてもらい易くなる。 届けたい。  
あなたは 本当に 素晴らしい。 それを知って欲しい。

メタで
私の深部がどんどん、、、少しずつか?
表面化してきたようにも思う。
偽善者だと感じてもいたけれど、 その偽善もよくわからないけれど
わたしは
今の私は 私の思いはマリポサリリー(フラワーエッセンス)に近いようにも思う。
なぜか
身体で、
理由なく 
強く思う。
誰がなんと言おうと
ひとりひとりは とってもとってもとっても すごい・すばらしい存在なんだ。

理由なんてわからない。
だから
世界のみんなが 誰かを否定しても
私はその一人を全力で味方する。 

理由はわからない。
すばらしいんだ、!!!!!って
知ってるから。 なぜか。
もうそれは仕方ないことだ。馬鹿かもしれない。
けれど、これは才能だと思っている。
私だけはそれを言ってあげられる。伝えたい。

これを
この想いを持ってていいんだと
うそじゃないかもしれないんだと
今回のメタで、、、 身体が 返事して 教えてくれた。

それも大きく手伝ってくれて
私は今回タマウタで
ほんとは 歌いたかった 
ほんとは歌いたかったAiちゃんの「Story」を歌ってみる・・・勇気が 出た。
今の私なら ひょっとしたら
伝わるように歌えるカモしれない・・・

和泉さんに 何回止められても 止めてもらいながら・・・・
引き出してもらえるかもしれない。
この曲のメッセージにのせる私の想いが伝わるように・・・

朝からのみんなのプロセス
ひとりひとりの まさに「タマウタ」は
私の胸に直球で、すごすぎて
すごいことが目の前で起こっていて・・・・・・
すごい すごい感動というか 世界そのもの
それが目の前で繰り広げられ、つづられていき。。。。。
人とは
こんなにも うつくしいのか

しかも、みな 愛すべき よく知ったメンバー。もう
倒れるのじゃないかと思うほど 涙と感動と鼻水と・・・もう 意味不明の心境だ。

そのつもり無く、なぜか 最後に歌うことになったけれど
もう、ずっと ずっと
みんなの  うつくしすぎる 勇気と感動と美しさのプロセスにて・・・
私は たぶん、私につながっていた。
みんなのおかげで 準備が出来ていた。「タマウタ」の。
出来てると思ってなかったけど 結果、出来てたようだ。

それまでのプロセスで
あのお姉さんには あきらめないでと特に伝えたかったし
和泉さんには あなたが守ってくれたから強くなれたんだよと言いたかったし
これはもちろん夫にも。母にも。娘にも。
あの子にはむりして笑わんでええんやと言いかったし
みんなに
一緒に泣いてくれたからだ・・・・・・
いつでも頼ってほしい

そう言いたかった。

ソウルを歌う技術も持ち合わせていない。技術はむしろ無いのは事実で。承知。
そんな私だけれど、そのままで
そのままの想いで、私で
歌うのだ。
うるさいだろう。うるさいかもしれない。サビなんて
サビの声や表情やそんなの
もう
観れたモンじゃないだろう

けどいいんだ
歌いたいんだ。伝えたいんだ。
ありがとう。
ありがとうを。

それで

歌えたんだ。

ありがとうみんな。

みんなのおかげで
ほんとに
20年越しの想いの瞬間を
私は感じる、
体験することが出来ました。

歌うことが

出来ました。

ありがとう。

~~~~~~~~~~~~~~~~
結果、
みんなの魂に・・響いてもらうことが 出来たようで・・・
ファシリテーターの和泉さんまで・・・
涙してくださった・・・・
まさかの一発OKで。。。。

今日まで生きてきてよかった。
今日はまた執着でてるしそれでOKだけれど
あの日あの瞬間は
もう死んでも大丈夫だと思えました。