Home » POST » 刺激(トラブルや問題やネガティヴ) という誘惑

刺激(トラブルや問題やネガティヴ) という誘惑

http://adonomori.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/3743/2016/02/header20160220171435_194252467.jpg
”トラブルや問題という名の刺激 の 誘惑に負けない”

今日は、ちょっと 違った観点からのお話しをしたいと思います。

実は私が、高次元の存在やガイドからたびたび言われることでもあるのですが。

本来、ひとは
全能であり。(ポノポノで言うと ゼロ である。)
要するに
完全 という存在であり、状態である。

しかし、
やれ問題だのトラブルだのネガティブだの困っただの・・・・

それらを起こすのは
人間(私たち)本人であり、またそれを願っている、と。

高次元ではやはり、 こう解釈されるのですね。

今では私も もう そこも理解できますが。
しかし なんともキビしいというか 難しいというかね。

人間関係のスパイスだったり、
 人生での問題だったり、 それらの「刺激」というものを
にんげんの側が欲しているのだと。

(まぁ、そうですね。 私はその自覚があります。)

しかし、
すべてが (全能;万能・うまくいき) よい流れの中で
ぜんぶぜんぶが
うまく廻る状況の

中でこそ!

また次、上を目指せ。と。

「トラブルという刺激の”誘惑”に 負けるな。」

というのです。

上は、言うてくるのです。

いやなるほど。
エッセンスですものね、これらは 人生の。

しかし、その誘惑に負け・おぼれるでない、と。

では、

それでは、

だ。

その、
なんのトラブルすらもちろん存在しない

すばらしく流れのよい そんな流れに楽~~~に乗り
それを喜びとする境地で

そこで何が行われるか

なにが

そこには有るのか。

観てみないといけませんね。

そろそろ。

誘惑に勝つ。

年貢の納め時とも 言えるのかもしれません。

~ちょっと むつかしい観点からのお話しだったかもしれませんね~