Home » POST » 過去生の記録(個人的メモとも言える)

過去生の記録(個人的メモとも言える)

http://adonomori.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/3743/2015/08/header20150828132405_369059809.jpg
セルフセッションの記録なので
ご興味のある方だけ、どうぞ✴︎

現在の北アメリカ

我が名は
エルガ

ネイティヴインディアンと
呼ばれる種族を
治めている者

ホピである。

我々は、殺戮および戦い、争いを好まない。

このたび、
我が妻そして3人の子供の命を引き換えに
この村の平和を
制定した。

我もゆこう。
子供たちの元へ。

成年となるあたりから、
白い光を放つ、
異世界の衣類のようなものをまとう精霊(着物でした)と
対話をし、
村の儀式を執り行い、
治めてきた。

若い、未来ある者たちへ この位置を譲りたい。

戦いからは

何も生まれない。

〜〜………〜ー〜〜

今日の、セルフセッションの記録。
ヘミシンクの過去生探求のエクササイズのもの。

過去生へと降りてゆき、
身体ごと、過去生の自分である
我、エルガ
と自認するホピ?の酋長?的な男性。
治めていたようだけれど、
シャーマンとしての働きも、映像の実写の中で感じる。

他の部族に、若い女性を人質にとられ
助けに独りで向かい
死をも恐れない姿勢をみせ圧倒し、
争いからは何ひとつ 生まれないことを説き
大きく、その世界を変える。
平和が訪れたが、我が家族は犠牲となっていた。
それを追うことを決意し、
種族のために書き溜めた書物(精霊との多くのやりとりの記録なども)を完成させ、
大きな洞窟のなかで、自ら天に昇る。

その人生の要所を
映像として観たり、身体に入り追体験する。

ここまで身体ごとの感覚と、
なみだがでる感情の、エルガそのままの感覚は
今回が初めて。

この過去生エルガのエネルギーは
少し、形を変えて、ガイドとして居るように感じる。
それは、スピリチュアル担当の黒人男性ジョーなのか、、。検証してゆこう、

アリゾナとも言われたけれど、
アリゾナは現在、北アメリカでは無いので
北アメリカにそもそもその時代は居住していて
現在、アリゾナと呼ばれる地域に近年移動してきたのか、、、?
事実関係はわからない。
歴史的に、わかっていないことも
含まれる可能性もあるし、自身の虚像なども含まれるだろう。
その時代にはまだ日本は着物文化にまで辿り着いていないのでは。
しかしこれはこの三次元で肉体を持つ、脳だけの考えで、高次元はすべてが同時に存在しており パラレルである。まるの日さんの書物やアキさんの見解を読んでも、また 私自身の感覚や体験からしても ガイドは奇想天外である。
私のガイドには、惑星意識まで 存在する。

ヘミシンクのシングルタイトル(ナレーション誘導あり)は私にとり、心地よいもの。